不登校に悩む皆様へ。通信制高校・単位制高校なら、一人ひとりへ寄り添い、向き合う「神村学園高等部 広島学習センター」へご相談下さい。

始業式はリスタート式!始業式はリスタート式!

9月1日は神村学園広島の始業式でした。

長期休み明けの「初日」となりましたが

多くの生徒が元気な姿で登校しました!

始業式では保田校長よりお話がありました。

登校してきた生徒のみんな

フリースクールの生徒、そしてスタッフ全員が

真剣な眼差しで校長の話に聞き入っていました。

保田校長からは新学期が始まるにあたって

3つのポイントに絞ってメッセージを伝えました。

①原点

入学した時の気持ちを思い出して欲しい

どんな気持ちで神村学園へ入学してきたのか

その時に決めた目的地を目指して

今、どこまで進めているのか

どこまで成長できているのか

原点を忘れてしまい、迷っていたり、悩んでいるなら

リセットボタンは押せないけど

リスタートボタンは何度でも押せば良い

原点に立ち返りリスタートボタンを押しましょう!

②人として

今年の夏の甲子園では神村学園野球部が

3回戦進出を果たすなど大活躍

みんなも応援してくれて有り難う、と伝え

改めて生徒たちみんなと健闘を称え合いました

その後、広陵高校の試合の中での出来事を紹介

仙台育英の西巻選手に打球が当たり負傷

三塁コーチャーをしていた広陵高校の猪多選手が

すかさずコールドスプレーをかけに行ったのは

敵味方(損得)ということではなく

一緒に野球をやっている仲間として

心(善悪)で感じて動いたことです。

みんなには損得や利害で生きるのではなく

善悪を大切にして、心で生きていってもらいたい!

③失敗   ・慣れる / ・逃げる / ・変わる

失敗は悪い事ではなく、むしろ良い事

失敗を隠したり、ごまかしたりせず

しっかりと受け止め、認めることで

人は成長し続けることができるのです。

失敗したと感じた時、人は…

・その失敗に慣れてしまい、何も感じなくなる

→投げやりになる、失敗を見ないようになる

・失敗という現実から逃げる、失敗を恐がって避ける

→成功の反対は失敗ではなく「何もしないこと」

・結果を出すための失敗だと受け止める

→失敗したことをありのまま受け入れ、学びとして変わっていく

この3つの分かれ道と出会います

みんなには過去、不登校になった時期がありました

その時は失敗を受け止めることができず

不登校がトラウマとなり、失敗を恐がって

動くことができなかった経緯があったと思います

でも、もう、みんなは違うんだよ

なぜならば、この始業式に来れているから!

今までとは違って、みんなもう動くことができるんだ!

次のステージへ行って欲しいからこそ

自分を変えていくために、どんどん失敗していこう!!

みんな真っ直ぐに校長を見ながら

真剣に話を聞いていました。

始業式に出ることが出来なかった生徒も多くいます

この話を聞いた生徒たちから

始業式に来たくても来れなかった生徒へと

しっかり繋げていけるよう導いていけるように

スタッフである私たち自身が

①原点に帰り目的を常に意識する

②人として善悪を大切に生きる

③失敗を恐れず自分を変える糧にする

この3つを心の真ん中に置いて

生徒のみんなと一緒に前へ向かって進みます!!

※陶芸体験(7月実施)の作品が届いたため、出席者一同で記念写真!

一日1ミリ、みんなと共に…