不登校に悩む皆様へ。通信制高校・単位制高校なら、一人ひとりへ寄り添い、向き合う「神村学園高等部 広島学習センター」へご相談下さい。

平成30年度後期卒業式が行われました。平成30年度後期卒業式が行われました。

先日、平成30年度後期卒業式が行われました。

今年度卒業したのは22名の生徒です。

中学校から不登校になって悩み、この学校へ進学してきた生徒。

一度は高校へ進学したが、全日制高校へ登校できなくなって、この学校へ転校してきた生徒。

それぞれスタートの状況は違いましたが、22名の仲間がこうして同じ日に卒業を迎えることができました。

 

卒業生入場に続いて、神村学園鹿児島本校の神村裕之校長より挨拶です。

卒業生・保護者へ温かいエールを送ってくれました。

 

続いて卒業証書授与です。

名前を呼ばれた生徒が、保田隆校長より卒業証書を授与されます。

卒業証書を受け取る生徒へ向けて

保田校長から卒業生一人ひとりにメッセージが伝えられます。

何を話しているのかは私達スタッフには聞こえないのですが…

卒業生はみんな緊張した顔が、笑顔へと変わっていきます!

 

卒業証書が全員に手渡されると、保田校長からの式辞の時間です。

卒業生は手渡された卒業証書を膝に大事に抱えながら

みな真剣な眼差しで聞いていたのが印象的でした。

これからの生き方で過去も変えていける。

とにかく命を大事にし、何かあればいつでも帰ってきなさい、と。

そのためにこの学校は、これからもこの場所にあり続けることを

卒業生・保護者と約束しました。

 

今回、卒業式を挙行するにあたりまして

卒業生の門出を祝うため多くの来賓の方が駆けつけて下さいました。

 

法務副大臣  衆議院議員  平口 洋 様

広島市議会議員  東区選出  山路 英男 様

広島新庄高等学校  副校長  中原 潤一 様

 

お忙しい中、卒業生のためにご臨席を賜りましてありがとうございました。

 

来賓を代表されまして、法務副大臣  衆議院議員  平口 洋 様より祝辞をいただきました。

いただきましたお言葉は、卒業生一人ひとりの胸に刻まれたと思います。

また卒業生の出身中学校の先生方や、かつで在籍していた高校の先生も

卒業生の背中を押して下さるために駆けつけて下さいました。

卒業後、もしくは転校後も気にかけて下さり、本当にありがとうございました。

 

続いて保護者代表として、卒業生保護者の米谷さんにご挨拶いただきました。

3年前はホームスクールからのスタートでした。

入学式は本人が自宅から出ることができないため、保護者だけ出席の入学式でした。

実は卒業式のこの日も、入学式と同じく本人は欠席でしたが、

この3年間で一日1ミリずつ、本人らしく前進を続けた結果、

3年前とは違い、卒業式は大学受験のための公欠でした。

入学する前から家庭内では一切口を開かなかった本人でしたが、

今では家庭内で会話ができるようになりました。

力いっぱい語って下さった米谷さんの言葉に

卒業生や保護者だけでなく、来賓のみなさんやスタッフまで心を打たれました。

後日談になりますが、この卒業式の日に本人が受験した大学に合格し、

4月から大学生として学生生活をスタートすることになりました。

 

祝電披露では、県議会議員  緒方 直之 様より心温まる祝電が届きました。

緒方 直之 様、お心遣いをいただきありがとうございました。

 

在校生代表送辞は、生徒会長が力強く読み上げました。

卒業生のみんなのお蔭で、

上級生・下級生という壁のない学校ができたことへの感謝を伝え

この伝統を守って、誰もがもっと来やすくなる学校を作っていくことを

卒業生に誓いました。

 

卒業生代表答辞では、進学した全日制高校を3日で行けなくなったため

この学校へ転校してきたが、この学校に通い続けることで大きく変われた

こと、通い続けることができたのは優しく見守ってくれた保護者のおかげ

であったことを伝えました。

保護者席へ向かって、全員で声を揃え

「ありがとうございました」と感謝を伝えました。

 

もう一人、卒業生代表答辞として在校生へ向けて熱いメッセージを送ってくれました。

目標を持つ大事さ、そこへ向かってコツコツ積み上げていく努力の大事さを語ってくれました。

いつも学校を明るく盛り上げてくれていた卒業生からの言葉だけに、

在校生はみんな心から受け止めていたように感じました。

 

卒業式が終わり、全員で記念撮影です!

 

記念撮影が終わったら、今度は在校生が密かに準備していた

「卒業生を送る会」がスタートです!

 

自分たちの手作りで卒業生を送り出したいという

生徒たちからの発案で実施されました。

卒業式の横断幕や式次第も、在校生の手書きで準備されました。

フラワーアーチの花は、ホームスクールの生徒も自宅で作ってくれて完成しました。

 

毎日残って練習した合唱のプレゼント。

保田校長の演奏で「Beating Heart」も全員で熱唱。

卒業生も一緒になって歌っていました!

 

全員輪になって行われた生徒発「卒業生を送る会」は

本当に素敵な時間だったと思います。

 

卒業生のみなさん、保護者の皆様、ご卒業おめでとうございます!

そして出会ってくれまして、本当にありがとうございます!

新しいステージに進んでも、たった1つの約束事を胸に、

これからも自分らしく一日1ミリ、前へ進んで下さい!!

 

一日1ミリ、みんなと共に…