不登校に悩む皆様へ。通信制高校・単位制高校なら、一人ひとりへ寄り添い、向き合う「神村学園高等部 広島学習センター」へご相談下さい。

1955年(昭和30年)11月

串木野市元町127番地に校地購入(43坪)、校舎建築(2階建2教室)

1956年(昭和31年)4月

「串木野経理専門学校」開校、創設者・神村勲(24才)

1963年(昭和38年)10月

串木野市下名4460番地(現在地、国道3号線沿い)へ学校移転・校舎新築

1964年(昭和39年)2月

「学校法人 神村学園」 認可。理事長・神村勲(31才)

1965年(昭和40年)4月

「串木野商業女子高等学校」(商業科) 開校

1967年(昭和42年)4月

「串木野女子高等学校」 校名変更 (衛生看護科) 新設

1968年(昭和43年)4月

「串木野女子高等学校」保育科 新設

1970年(昭和45年)4月

「神村学園附属幼稚園」 開園

「串木野高等看護学院」 開校

1970年(昭和45年)8月

全国高校総体ソフトボール 優勝(1回目)(於:大津市)

1973年(昭和48年)4月

高校教育課程の中に「土曜研修」採用

1978年(昭和53年)4月

(音楽科) 新設(ピアノ個室完備)

1982年(昭和57年)8月

全国高校総体ソフトボール 優勝(12年ぶり2回目)(於:志布志球場)

1983年(昭和58年)2月

文化ホール(演奏会場・集会場)新築落成

1983年(昭和58年)4月

(歯科衛生科) 新設

1985年(昭和60年)4月

「衛生看護専攻科」 新設、開校

1985年(昭和60年)7月

玉竜旗高校女子剣道大会準優勝 (於:福岡)

1986年(昭和61年)7月

玉竜旗高校女子剣道大会 優勝 (於:福岡)

1989年(平成元年)4月

(普通科) 新設、 「串木野女子中学校」 開設

1989年(平成元年)8月

中学校校舎完成

1990年(平成2年)4月

「神村学園高等部・中等部」「神村学園高等看護学校  校名変更

1990年(平成2年)4月

「神村学園高等部・中等部」「神村学園高等看護学校」 校名変更

1992年(平成4年)2月

神村学園衛生看護専攻科(40名から80名に定員増)

1992年(平成4年)8月

全国高校総体剣道 準優勝・ソフトボール 3位(於:宮崎県)

1993年(平成5年)4月

「神村学園医療福祉専門学校」 開校(社会福祉科 男女80名)(介護福祉士)

1993年(平成5年)8月

全国高校総体剣道個人「有馬佳代」優勝(於:栃木県)

1994年(平成6年)4月

「神村学園高等部普通科文理コース」 (中高一貫・特別進学)新設

1996年(平成8年)4月

神村学園医療福祉専門学校 「作業療法学科」 新設(1学年男女40名)

神村学園中等部 男子 募集

1997年(平成9年)4月

神村学園高等部・中等部に 神村裕之校長 就任

神村学園医療福祉専門学校に 神村慎二校長 就任

日本初「高校女子硬式野球部」誕生

神村学園高等部 男子 募集

1998年(平成10年)4月

神村学園衛生看護専攻科1学級増(80名から120名に定員増)認可

1998年(平成10年)8月

全日本高校女子サッカー大会 準優勝 (於:神戸市)

全国高校女子硬式野球大会 準優勝 (於:東京都)

1999年(平成11年)3月

神村学園医療福祉専門学校「高等看護科」廃止

1999年(平成11年)11月

税に関する作文全国高校生作文コンクール国税庁長官賞受賞「田中聖子」

1999年(平成11年)12月

第9回「文の甲子園」1999年度全国高等学校作文選手権

チーム優勝 「今田真由美・舘 恭子・小嶋あかね」

2000年(平成12年)1月

NHK「青春メッセージ2000」青春メッセージ大賞受賞 「今田真由美」

2000年(平成12年)4月

「神村学園初等部」開校

2000年(平成12年)11月

税に関する作文全国高校生作文コンクール国税庁長官賞受賞「松本一紗」

税に関する作文全国中学生作文コンクール大蔵大臣賞受賞「横井桃子」

2001年(平成13年)4月

神村学園中等部(40名から80名に定員増)

2001年(平成13年)9月

IT教育スタート ノートパソコン1700台購入 全生徒へ無料配布

2001年(平成13年)11月

税に関する作文全国高校生作文コンクール国税庁長官賞受賞「福崎みゆき」

税に関する作文全国中学生作文コンクール国税庁長官賞受賞「加世田夏希」

2001年(平成13年)12月

全国高校女子駅伝大会 全国3位 (於:京都府西京極)

2002年(平成14年)4月

神村学園医療福祉専門学校「理学療法学科」新設(1学年男女40名)

神村学園高等部「男子サッカー部」創部

2002年(平成14年)12月

全国高校女子駅伝大会 全国2位 (於:京都府西京極)

2003年(平成15年)4月

神村学園高等部「男子硬式野球部」創部

2004年(平成16年)8月

第13回全国高等学校女子サッカー選手権大会 初優勝(於:静岡県磐田市)

2005年(平成17年)4月

第77回選抜高等学校野球大会 初出場 準優勝 (於:阪神甲子園球場)

神村学園医療福祉専門学校「看護学科(3年課程)」新設(1学年男女40名)

2005年(平成17年)8月

第14回全国高等学校女子サッカー選手権大会 2年連続優勝(於:静岡県磐田市)

2006年(平成18年)8月

第28回全国中学校ソフトボール大会(高知)優勝

2007年(平成19年)1月

第85回全国高等学校サッカー選手権大会初出場 第3位(東京国立競技場)

2007年(平成19年)4月

神村学園医療福祉専門学校「保育学科」新設(1学年男女40名)

2007年(平成19年)8月

第87回全国高校野球選手権大会 初出場(甲子園) (1回戦突破6-3で勝利 大阪金光高校)

2007年(平成19年)8月

第29回全国中学校ソフトボール(岩手) 2年連続優勝

2008年(平成20年)8月

第30回全国中学校ソフトボール(富山) 3年連続優勝

2008年(平成20年)10月

第123回九州地区高等学校野球大会 準優勝(佐賀)

2009年(平成21年)2月

神村学園アリーナ 完成(1933,39m²)

2009年(平成21年)3月

第81回選抜高等学校野球大会(甲子園)出場

2009年(平成21年)8月

第31回全国中学校ソフトボール(佐賀) 4年連続優勝

2009年(平成21年)12月

第37回マーチングバンド バトンワーリング全国大会(カラーガード部門)銀賞(埼玉)

2010年(平成22年)1月

第88回全国高校サッカー選手権大会 出場(2回目)

2010年(平成22年)3月

JR「神村学園前駅」オープン(開業)鹿児島中央駅より33分 (2010年)

2010年(平成22年)4月

「神村学園医療福祉専門学校」から「神村学園専修学校」へ校名変更

高等部 広域通信制 開設(普通科・単位制)(関西支部京都校)

2010年(平成22年)8月

第38回日本リトルシニア野球選手権大会(神宮球場) 準優勝(中等部男子硬式野球部)

2010年(平成22年)10月

神村学園専修学校「日本語学科」新設(2年コース男女20名・1年半コース男女20名)

2011年(平成23年)1月

第89回全国高校サッカー選手権大会 出場(2年連続3回目)

2011年(平成23年)4月

高等部に「文理科」(定員120名)新設,普通科の定員減(240名→200名)

2011年(平成23年)5月

第53回NHK旗争奪鹿児島県選抜大会 優勝

2011年(平成23年)8月

第93回全国高校野球選手権大会 出場(甲子園)

2011年(平成23年)11月

第129回九州地区高等学校野球大会(大分県)優勝

第42回明治神宮野球大会(東京都)出場

第23回全九州高校女子駅伝競走大会 優勝

神村学園人工芝サッカー場 完成 いちき串木野市上名(17,202m²)

2012年(平成24年) 3月

第84回選抜高校野球大会出場(甲子園)

2012年(平成24年)8月

第94回全国高校野球選手権大会 出場(甲子園)